delight

SIP (Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program)
Innovative design/manufacturing technologies
Delight Design Platform Project

革新的デライトデザインプラットフォーム技術の研究開発

研究課題

デライトデザインプラットフォームとは、魅力品質を作りこむ設計環境

image1

▲デライトデザインプラットフォームのイメージ図

 

構想設計から詳細設計まで、シームレスな設計環境を実現

1.感性データベース

音、形、触感など、製品のもつ物理属性を元に、ユーザーの感性を刺激する指標を抽出します。さらにその感性指標と、ユーザーの魅力を表す指標との間の関係を表現するデータベースを開発します。これによって、製品の魅力品質の設計や評価を行います。

2.感性モデリング

感性DBを、MBD(Model based Design)のモデリングライブラリとして実現し、デライトデザインの上流段階を構成します。MBDに、従来の機械要素や電気要素に感性要素が加わることになり、ユーザーが手軽に感性設計を行えるようになります。

3.感性統合化

MBDでデザインしたものを詳細設計にシームレスに繋げるために、MBDと機械系CADや電気系CADを統合する技術を開発します。それにより、上流の構想設計から下流の詳細設計まで、一気通貫した設計環境を実現します。

4.感性リバース

上記の流れとは別に、現物を起点とした感性モデリングも有益です。製品の3D CADモデル、または製品の現物から、感性モデルを作成する作業を支援する技術を開発します。

 

早期の実用化・普及を目指した開発と推進体制

●プロジェクト体制

  研究開発責任者: 鈴木宏正(東京大学)
  実施機関:    東京大学、(株)図研、ラティス・テクノロジー(株)
  実施期間:    平成27年度~平成30年度(予定)

image2

プロジェクトの活動

★協力パートナー募集
本技術を各種の製品設計に展開したいと考えております。ご協力いただけるパートナーを募集しています。
★デライトデザインスクール
デライトデザイン技術に関するセミナーを定期的に開催しています。
★デライトデザインコンソーシアム
デライトデザインに関心のある企業・技術者のためのフォーラムです。