delight

SIP (Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program)
Innovative design/manufacturing technologies
Delight Design Platform Project

革新的デライトデザインプラットフォーム技術の研究開発

日本機械学会にて、大泉和也特任研究員が発表しました

慶應義塾大学日吉キャンパスで開催された2016年度日本機械学会設計・システム工学部門講演会にて、大泉和也特任研究員が、製品設計開発のためのモデリング・方法論・マネジメントに関するセッションで、ドライヤーを例とした設計課題の特定に関する発表(製品の背反構造分析に基づく設計課題の特定)を行いました。上流設計に対する新しいアプローチとして注目を浴びました

一覧に戻る

関連する記事

  • SIP革新的設計生産技術公開シンポジウム20162016年11月22日 SIP革新的設計生産技術公開シンポジウム2016 2016年11月14日に、SIP革新的設計生産技術の全体シンポジウムが開催されました。本プロジェクトからは、鈴木PLがプロジェクト概要を紹介し、また初公開となる、クレーンシミュレータによるデライトデザインプラットフォー […]
  • 社会連携講座「インテリジェント施工システム」との技術交流会2017年2月16日 社会連携講座「インテリジェント施工システム」との技術交流会 2017年2月15日に、東京大学精密工学専攻の社会連携講座「インテリジェント施工システム」との技術交流会を行いました。この講座は、㈱フジタが出資する講座で、昨年の10月に発足しました。工事などを無人の建機で実施する無人 […]
  • Carl Zeiss AG社社長 Michael Kashke 氏東大訪問2016年11月29日 Carl Zeiss AG社社長 Michael Kashke 氏東大訪問 本プロジェクトでは、感性リバースという技術について開発していますが、そのために独Carl Zeiss社の産業用X線CT装置を導入しています。2016年11月25日に、同社社長(President and Chief […]